沖縄県庁舎ESCO事業 環境に優しい沖縄県を目指して!!
トップページESCO事業とは?ESCO事業導入の背景沖縄県庁舎ESCO事業ESCO事業のメリット地球温暖化についてリンクお問合わせ実績
ESCO事業導入の背景
沖縄県では、平成11年5月に沖縄県環境保全率先実行計画を策定し、県の事務・事業により排出される温室効果ガス量を平成22年度までに、平成12年度を基準年度として8%削減するという目標を掲げました。しかし、沖縄県における平成17年度の温室効果ガス総排出量は144,315tで基準年度の平成12年度と比較して9%増加しています。目標を達成するためには温室効果ガスの総排出量を17%削減する必要があります。
そこで、自らが実施できる地球温暖化対策として、エコオフィス活動の徹底等ソフト面での対策に加えて、「ESCO事業の導入」等ハード面での対策を実施し、地球温暖化対策をはかることとしています。
※計算には教育庁電気使用量及び警察本部の公用車燃料使用を除く
■県の温室効果ガス総排出量の現状と目標
県の温室効果ガス総排出量の現状と目標
トップページESCO事業とは?ESCO事業導入の背景沖縄県庁舎ESCO事業ESCO事業のメリット地球温暖化についてリンクお問合わせ実績
沖縄県:総務部管財課 ヤシマ工業株式会社
〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎一丁目2番2号
TEL:098-866-2106 FAX:098-866-2709
E-MAIL:aa008001@pref.okinawa.lg.jp
E-MAIL:esco@yashima-kogyo.com
FLASH PLAYER 無料ダウンロード このホームページはFLASHを使用しています。
動画が表示されない場合は左のボタンをクリックして最新のFLASHプレイヤーをダウンロードしてください。